がん治療費.com
がん治療費.comは、部位・進行度に合わせて治療費がどのくらい掛かるのかを簡単に計算できるサイトです。
トップページ
注目される治療方法
放射線治療
免疫細胞療法
血管内治療
生体肝移植
子宮頸がんワクチン
治療効果の見方
部位別がんの治療費
抗がん剤の治療費
5大がんの治療費
その他の治療費
がんの検査にかかる費用
緩和医療(緩和ケア)の治療費
治療費の自己負担額
治療の相談と決定(セカンドオピニオン)
リンパ浮腫の予防と治療
脱毛のケアと対策
このサイトの使い方
お役立ちリンク集
運営者について
民間保険の活用と相談
Best 啓発サイトアワード2010年 がんがわかるWEB大賞 より良く生きるための情報部門 -大賞-
担当者コラム
2012年3月12日  ‐4月以降がんの外来治療を受ける方は「限度額適用認定証」の準備を‐

2012年4月1日から、がんの外来治療を受ける場合であっても、事前に限度額適用認定証を医療機関に提示すると自己負担額を超える治療費を支払う必要がなくなります。従来、この仕組みは入院治療だけに限られていましたが、外来でも使えるようになります。限度額適用認定証を使っても自己負担の総額が減るわけではありませんが、一時的な治療費の立て替えを行う必要がなくなり、その分「資金繰り」が大幅に楽になります。
2012年3月にがんの手術が終わって、4月以降に再発予防のための抗がん剤治療や放射線治療を外来で行う予定の方は、早めに保険者(健康保険組合等)に連絡して限度額適用認定証を入手しておくことをお勧めします。
本サイトの「担当者コラム」にある2011年12月8日の記事もご参照ください。

トップ注目される治療方法治療効果の見方部位別がんの治療費抗がん剤の治療費緩和医療(緩和ケア)の治療費治療費の自己負担額治療の相談と決定
リンパ浮腫の予防と治療このサイトの使い方お役立ちリンク集運営者についてサイトマップ
2008 株式会社 医業経営研究所 All Rights Reserved.
このサイトの検索に伴い表示される計算結果、および抗がん剤の治療費部分については無断掲載を禁止します。
また免責事項については、このサイトの使い方をご覧ください。