がん治療費.com
がん治療費.comは、部位・進行度に合わせて治療費がどのくらい掛かるのかを簡単に計算できるサイトです。
トップページ
注目される治療方法
放射線治療
免疫細胞療法
血管内治療
生体肝移植
子宮頸がんワクチン
治療効果の見方
部位別がんの治療費
抗がん剤の治療費
5大がんの治療費
その他の治療費
がんの検査にかかる費用
緩和医療(緩和ケア)の治療費
治療費の自己負担額
治療の相談と決定(セカンドオピニオン)
リンパ浮腫の予防と治療
脱毛のケアと対策
このサイトの使い方
お役立ちリンク集
運営者について
民間保険の活用と相談
Best 啓発サイトアワード2010年 がんがわかるWEB大賞 より良く生きるための情報部門 -大賞-
治療費計算のほか、がん治療に関する情報を集めました。
抗がん剤の治療費(薬剤費)

このサイトでは、あるがんの、ある進行度(ステージ)で使用される代表的な抗がん剤治療の選択肢(抗がん剤をどのように組み合わせ、いつ使用するかという計画のことで「レジメン」と呼ばれます。)をいくつか示し、そのレジメンを選んだ場合にかかる総薬剤費を紹介することにしています。ある抗がん剤の値段が一定量でいくらかかるという情報(抗がん剤の単価)は提供しません。

例えば、転移し手術ができない状態になっている大腸がんや一部の再発した大腸がんの治療選択肢として、FOLFOX4という抗がん剤のレジメンがあります。これは入院して初日に3種類、2日目に2種類の薬について注射のタイミングや方法を変えて使い、その後退院して薬の使用を一時休止するものです。
この2日間の薬の使用期間とその後の休止期間を合わせて2週間を1コース(1クールという呼び方もします)とし、薬の効果が続く限り、このコースを繰り返し行うものです。
このサイトでは、FOLFOX4に使用される個別の薬の値段がいくらであるという紹介はせずに、FOLFOX4というレジメンを選んだ場合の1コースの治療費(薬剤費)がどの程度かかるという形で紹介します。1コースの治療費には、薬(抗がん剤)の用のみ含みます。医師が薬を決定する際の処方料、薬剤師が薬を選び、調合する調剤料、その他定期的な画像診断や血液検査等の費用は一切含んでいませんのでご注意ください。

実際にある抗がん剤の治療費を計算する際に、最も大きな影響を与えるのは、患者さんの体の大きさ(身長と体重)です。抗がん剤の標準的な使用量は、体重か、もしくは体表面積によって決定されます。そのうち、「体表面積」というのは耳なれない言葉ですが、次の計算式で決定されます。

体表面積=体重0.425×身長0.725×0.007148

このサイトでは、平成12年国民栄養調査に基づく男女70‐74歳の平均身長と平均体重をもとに次の表のような体重や体表面積から抗がん剤の使用量を設定し、薬剤治療費を計算しています。

患者さんの想定身長、体重、および体表面積
  男性 女性 平均
身長 161 148 154.5
体重 60 51.5 55.75
体表面積 1.629 1.437 1.533
注)乳がん・子宮がん等は「女性」、前立腺がんは「男性」それ以外は「平均」の値を採用

上記の表より、身長が高く、体重の重い方ほど、一般的に使用する抗がん剤の量は多く、従って抗がん剤の治療費は高くなることがわかります。

次に、抗がん剤の名称についてです。これは抗がん剤に限らず、医師の処方を必要とする医薬品についていえることですが、医薬品の名称には大きく2種類あります。ひとつは、薬の化学的な組成や構造などから命名されたもので「一般的名称」といいます。他は、「販売名」「商品名」などと呼ばれる製薬会社ごとの商品ブランド名です。同じ成分の抗がん剤を複数の製薬会社が製造・販売している場合には、一つの一般的名称について複数の販売名が存在することになります。
これからがんの種類ごとに抗がん剤治療費を紹介しますが、それぞれの治療費を紹介する際に、治療費計算に使った抗がん剤の名称を解説しています。参照ください。

2012年4月の医療費改定によせて

・本サイトを立ち上げてほぼ4年が経過します。抗がん剤の治療費については、2010年4月の診療報酬改定に合わせ内容を更新しましたが、今回の改定に当たっては、各がんの診療ガイドラインの変更状況を見ながら、レジメンの見直しも行いました。例えば、大腸がんのレジメンについて、FOLFOX4という代表的なものがあり、この治療費情報を提供していました。しかし、これは入院・外来治療併用のレジメンです。最近の抗がん剤治療はほぼ外来通院で実施されている状況を鑑み、今回の改定ではmFOLFOX6という外来通院治療用レジメンに基づく治療費情報を提供させていただくことにしました。勿論、治療費単価は2012年4月の薬価等に基づいています。

・本サイトの情報が、引き続きがん患者さん、ご家族の治療選択に貢献できることを希望します。

胃がんの抗がん剤治療 肺がんの抗がん剤治療 大腸がんの抗がん剤治療 肝臓がんの抗がん剤治療 乳がんの抗がん剤治療
トップ注目される治療方法治療効果の見方部位別がんの治療費抗がん剤の治療費緩和医療(緩和ケア)の治療費治療費の自己負担額治療の相談と決定
リンパ浮腫の予防と治療このサイトの使い方お役立ちリンク集運営者についてサイトマップ
2008 株式会社 医業経営研究所 All Rights Reserved.
このサイトの検索に伴い表示される計算結果、および抗がん剤の治療費部分については無断掲載を禁止します。
また免責事項については、このサイトの使い方をご覧ください。