がん治療費.com
がん治療費.comは、部位・進行度に合わせて治療費がどのくらい掛かるのかを簡単に計算できるサイトです。
トップページ
注目される治療方法
放射線治療
免疫細胞療法
血管内治療
生体肝移植
子宮頸がんワクチン
治療効果の見方
部位別がんの治療費
抗がん剤の治療費
5大がんの治療費
その他の治療費
がんの検査にかかる費用
緩和医療(緩和ケア)の治療費
治療費の自己負担額
治療の相談と決定(セカンドオピニオン)
リンパ浮腫の予防と治療
リンパ浮腫の予防と治療
このサイトの使い方
お役立ちリンク集
運営者について
民間保険の活用と相談
Best 啓発サイトアワード2010年 がんがわかるWEB大賞 より良く生きるための情報部門 -大賞-
治療費計算のほか、がん治療に関する情報を集めました。
脱毛のケアと対策

このコーナーではがん治療、とりわけ抗がん剤治療にともなう髪や頭皮の変化とその対策について解説します。

がん治療と脱毛について

がん治療には、外科療法(手術)、放射線治療、薬物療法(抗がん剤治療、ホルモン療法)などがあります。そのうち、一部の抗がん剤治療において脱毛の副作用症状が出るものがあります。個人差はありますが、多くの場合、抗がん剤を投与して10〜20日頃から脱毛が始まり、髪以外の部分(体毛・まゆ毛・まつ毛、陰毛)でも脱毛が起きます。治療を終了するとおおよそ3〜6ヵ月後には再び生えてきます(髪の毛については、抗がん剤治療終了後8ヶ月〜1年位でショートスタイル程度に回復します)。 治療時の頭皮ケアの仕方によって、自毛の戻り具合に差が出ますので適切なケアが必要です。

脱毛が始まった当初は寝起きの枕の上に抜け毛の多いことに気付きますし、ブラッシングした際などに髪が抜ける量が多いと感じます。この対処として、治療後にこうした現象が起こるという覚悟を決めておき精神的なショックを和らげることが大事です。さらに、外出や転倒した場合など頭を守るため、帽子、ナイトキャップ、スカーフなどを準備することをおすすめします。また、脱毛が始まる前に髪を切ることは少し決断が必要かも知れませんが、あらかじめ短くしておくと入浴時のシャンプーや部屋の掃除の際に抜け毛が気にならなくなります。まつ毛については、脱毛すると光がまぶしく感じられますのでサングラスの着用が推奨されます。また、鼻毛が脱毛すると鼻が乾きますのでマスクの準備も大切です。脱毛対策の中で患者さんの生活の質を維持・向上させる上で最も重要なもののひとつがウィッグ(かつら)です。本項では、脱毛対策の中で最も大きな買い物となるウィッグについてその費用をご紹介します。ウィッグには、健常人の方がファッションの用途で使用するものとがん患者さんが治療の副作用である脱毛対策で使用する「医療用ウィッグ」がありますが、ここでは後者についてご紹介します。

脱毛のケアと対策

実は医療用ウィッグに明確な定義はありません。多くのウィッグメーカーがそれぞれ患者さんに配慮した商品づくりをして、それを医療用としてご案内しているというのが実情です。一般的にウィッグは自毛の上から着用しますが、脱毛した患者さんの場合は地肌に直接ウィッグを着用することが予想されます。そのため、ウィッグを医療用に使用する場合は、頭皮の汗や皮脂を吸収するウィッグ下キャップの着用やデリケートな頭皮に優しい素材を随所に使用し、髪の毛の分け目が自然に見える人工皮膚をつけるなどの工夫がされています。仕事などで長時間着用するのか、あるいは外出時のみの使用か、ご自身の生活スタイルや使用頻度に合わせてお選びになるとよいでしょう。

脱毛ケアをサポートする医療向けウィッグの資料請求はこちら>>

(医療ウィッグの分類)

医療ウィッグは「製作方法」と「毛材」により、それぞれ以下のように分類されます。その価格は主として「製作方法」によって大きく異なります。

医療ウィッグの製作方法と価格

製作方法 特徴 価格
既製品 価格が比較的安いカタログで選べて手軽 数千円〜10万円
セミオーダー 希望のスタイルを作ることができる個人に合わせて調整するので違和感がない 5万円〜30万円
フルオーダー 毛質、スタイル、特殊な色など、自由にオーダーできる・完成までに1ヶ月程度の時間がかかることが一般的です 30万円〜80万円

医療ウィッグの毛材

毛材 長所 短所
人毛 アレンジが効く 手入れに注意が必要洗うとブローが必要
人工毛(合成繊維) スタイル崩れしにくい人毛に比べ軽量 熱・摩擦に弱い
ミックス毛(人毛+人工毛) 洗ってもスタイルキープしやすい 人工毛部分が摩耗で縮れることがある。

生活の質の維持・向上 : 自分らしい生活を送るために

治療が終わってから元通りの髪の長さに戻るまで目安としては約1年半〜2年かかります。それまでは髪の量に合わせて頭のサイズが変化しますので、ウィッグのこまめなサイズ調整ができると安心です。また、髪質の変化 や急激な白髪の増加、頭頂部や前髪などが発毛しにくいといったケースも起こりますので、治療中の正しい頭皮ケアが必要になります。治療の流れに沿ったフォローや頭皮のマッサージ方法などさまざまなアドバイスを受けられるウィッグメーカーもありますので、抗がん剤治療を開始する前に相談しておくことをお勧めします。例えば、脱毛した髪がからまないように抗がん剤投与の2〜3週間前からご自身の髪をカットしたり、頭皮が敏感な時期のシャンプーやケアの方法、また脱毛による頭のサイズの変化をふまえたウィッグサイズの調整など、患者さんの気持ちに寄り添ってアドバイスをしてくれるところを見つけておくと安心です。治療中であるかにかかわらず、自分らしい生活をすることは生活の質を維持・向上するうえでとても大切なことです。

以上の点をふまえ自分にあったウィッグを見つけてください。

脱毛ケアをサポートする医療向けウィッグの資料請求はこちら>>

安心サポート付き!医療向けウィッグ
トップ注目される治療方法治療効果の見方部位別がんの治療費抗がん剤の治療費緩和医療(緩和ケア)の治療費治療費の自己負担額治療の相談と決定
リンパ浮腫の予防と治療このサイトの使い方お役立ちリンク集運営者についてサイトマップ
 
2008 株式会社 医業経営研究所 All Rights Reserved.
このサイトの検索に伴い表示される計算結果、および抗がん剤の治療費部分については無断掲載を禁止します。
また免責事項については、このサイトの使い方をご覧ください。