がん治療費.com
がん治療費.comは、部位・進行度に合わせて治療費がどのくらい掛かるのかを簡単に計算できるサイトです。
トップページ
注目される治療方法
放射線治療
免疫細胞療法
血管内治療
生体肝移植
子宮頸がんワクチン
治療効果の見方
部位別がんの治療費
抗がん剤の治療費
5大がんの治療費
その他の治療費
がんの検査にかかる費用
緩和医療(緩和ケア)の治療費
治療費の自己負担額
治療の相談と決定(セカンドオピニオン)
リンパ浮腫の予防と治療
脱毛のケアと対策
このサイトの使い方
お役立ちリンク集
運営者について
FQAから学ぶ民間保険の活用
治療費計算のほか、がん治療に関する情報を集めました。
注目される治療方法

まず、がんの診断と治療方法については、国立がんセンターの「がん情報サービス」や(財)先端医療振興財団の「がん情報サイト」を初め、数多くのサイトで情報提供を行っています。普及した治療方法について詳しくお知りになりたい方は、「お役立ちリンク集」から関連するサイトにアクセスしてください。

さて、がんの治療法は目覚しい進歩を続けていますが、このサイトでは、その中でも近年技術進歩の著しい治療法と注目すべき治療法、およびその費用についてご紹介します。技術進歩の著しいものとして放射線療法と免疫細胞療法を、その他注目すべき治療法として血管内治療、生体肝移植をご紹介します。さらに、2009年9月、日本で初めて子宮頸がんの予防ワクチンの承認が決まったことが報じられましたので、併せて情報をご提供します。

放射線療法の中では、重粒子線治療、強度変調放射線治療(IMRT)について、免疫細胞療法の中では、活性化リンパ球療法と樹状細胞療法についてご紹介します。両者は体にメスを入れることなく、患者さんの肉体的な負担が少ないという共通の特徴を備えています。血管内治療も身体の負担が小さい治療選択肢です。今後は、手術や抗がん剤治療と共にこうした治療を組み合わせながら、患者さんの状態に合わせた最適な治療が行われる流れにあるようです。また、生体肝移植は、肝臓障害度が高く一般の治療が選択できない患者さんの重要な選択肢となりうるものです。さらに、子宮頸がん予防ワクチンは、がんになってしまった方の治療には利用できませんが、その予防に高い効果を示すことが確認されたものです。

放射線療法 免疫細胞療法 血管内治療 生体肝移植 子宮頸がん
 
トップ注目される治療方法治療効果の見方部位別がんの治療費抗がん剤の治療費緩和医療(緩和ケア)の治療費治療費の自己負担額治療の相談と決定
リンパ浮腫の予防と治療このサイトの使い方お役立ちリンク集運営者についてサイトマップ
2008 株式会社 医業経営研究所 All Rights Reserved.
このサイトの検索に伴い表示される計算結果、および抗がん剤の治療費部分については無断掲載を禁止します。
また免責事項については、このサイトの使い方をご覧ください。