がん治療費.com
がん治療費.comは、部位・進行度に合わせて治療費がどのくらい掛かるのかを簡単に計算できるサイトです。
トップページ
注目される治療方法
放射線治療
免疫細胞療法
血管内治療
生体肝移植
子宮頸がんワクチン
治療効果の見方
部位別がんの治療費
抗がん剤の治療費
5大がんの治療費
その他の治療費
がんの検査にかかる費用
緩和医療(緩和ケア)の治療費
治療費の自己負担額
治療の相談と決定(セカンドオピニオン)
リンパ浮腫の予防と治療
脱毛のケアと対策
このサイトの使い方
お役立ちリンク集
運営者について
民間保険の活用と相談
Best 啓発サイトアワード2010年 がんがわかるWEB大賞 より良く生きるための情報部門 -大賞-
治療費計算のほか、がん治療に関する情報を集めました。
注目される治療方法
放射線療法 免疫細胞療法 血管内治療 生体肝移植 子宮頸がん
血管内治療
特徴

一般に血管内治療というと足のふとももの血管からカテーテルとよばれる管を差し込んで、血のかたまり(「血栓」といいます)やコレステロールで細くなった心臓の血管を広げるような治療(「血管拡張術」といいます)を思い浮かべます。心筋梗塞や狭心症といった心臓の病気、さらに脳血管の病気の治療に普及している方法です。
ところで、あまりよく知られていないのですが、肝臓がんの治療にも血管内治療が使われています。肝臓がんの細胞に血液を送る血管の近くまでカテーテルを進め、そこから血管を詰める材料を流して血管を詰まらせてしまうのです。がん細胞に栄養を運ぶ血液の流れを止め、がんを兵糧攻めにします。「肝動脈塞栓術」と呼ばれる「動脈塞栓術」治療です。肝臓がん以外では子宮筋腫にも動脈塞栓術が広く使われていますし、最近は、他の固形がんの治療にも使われ始めています。
この治療法そのものはそれほど新しいものではありませんが、血管を詰まらせる材料の改良やカテーテルのマイクロ化により、以前よりも精度の高い治療が可能になってきています。
治療の成否のポイントは、CT(コンピューター断層撮影)などの画像診断装置を駆使してがん細胞に血液を送っている血管を発見し、がん細胞の間近までカテーテルを送る技術にあります。放射線そのものの持つがん細胞にダメージを与える機能は使いませんが、CTを利用しながら治療を行うために放射線の専門医を中心に発展してきた技術です。重粒子線治療や強度変調放射線治療同様、手術に比べると患者さんの肉体的負担が少なく、短い入院期間で治療できます。さらに、がんの大きさを早期に縮小できることで、患者さんのQOLを改善する効果が期待できます。但し、すべてのがんが治療の対象になるわけではありません。まず、進行度の低い早期のがんには、手術や重粒子線治療等を含めた放射線治療が適用になり、そうした治療が適用できない患者さんが血管内治療の主たる対象となります。現在は、再発・転移も含む肝臓がんが主たる対象です。白血病のような血液のがんは対象外です。肝臓がん以外では、頭頸部がん、子宮がん、さらに乳がんなども対象に治療が行われています。この治療法も抗がん剤治療や放射線(照射)治療、あるいは免疫細胞療法と組み合わせて効果を追求しています。
総治療費の目安は60万円前後で、入院日数により費用が上下します。

治療施設

肝臓がんに対する治療としては、全国の大学病院やがん拠点病院で肝動脈塞栓治療が受けられます。それ以外のがん種に対する治療、新しい塞栓物質の開発に積極的な医療機関で、治療成績を公開しているのは以下のとおりです。

トップ注目される治療方法治療効果の見方部位別がんの治療費抗がん剤の治療費緩和医療(緩和ケア)の治療費治療費の自己負担額治療の相談と決定
リンパ浮腫の予防と治療このサイトの使い方お役立ちリンク集運営者についてサイトマップ
2008 株式会社 医業経営研究所 All Rights Reserved.
このサイトの検索に伴い表示される計算結果、および抗がん剤の治療費部分については無断掲載を禁止します。
また免責事項については、このサイトの使い方をご覧ください。