がん治療費.com
がん治療費.comは、部位・進行度に合わせて治療費がどのくらい掛かるのかを簡単に計算できるサイトです。
トップページ
注目される治療方法
放射線治療
免疫細胞療法
血管内治療
生体肝移植
子宮頸がんワクチン
治療効果の見方
部位別がんの治療費
抗がん剤の治療費
5大がんの治療費
その他の治療費
がんの検査にかかる費用
緩和医療(緩和ケア)の治療費
治療費の自己負担額
治療の相談と決定(セカンドオピニオン)
リンパ浮腫の予防と治療
脱毛のケアと対策
このサイトの使い方
お役立ちリンク集
運営者について
民間保険の活用と相談
Best 啓発サイトアワード2010年 がんがわかるWEB大賞 より良く生きるための情報部門 -大賞-
治療費計算のほか、がん治療に関する情報を集めました。
注目される治療方法
放射線療法 免疫細胞療法 血管内治療 生体肝移植 子宮頸がん
免疫細胞療法

免疫細胞療法は1980年代に米国で始まった、がん治療に対する最も新しい治療法です。再発や転移していない早期がんの治療方法としては、手術や放射線治療など治療部位が限定的な治療(局所治療)が有効ですが、他の臓器等に転移し、拡がったがんに対しては、抗がん剤や免疫細胞療法のような全身に作用する治療法が適用になります。
「免疫」とは、ウイルスや細菌などの外敵から自分自身を守る役割のことを言い、他人の臓器を移植するときの拒絶反応も、「免疫」の力によって自分以外のものを排除しようとする免疫力のひとつです。一方、がん細胞は、正常な細胞の遺伝子が傷つき暴走し始めることによってできたものですが、近年、暴走したがん細胞をこの「免疫」の力によって排除していることが分かってきました。
人の体の中では、毎日毎日、がん細胞が生まれ、それを「免疫」の力で排除しているのです。
免疫細胞療法とは、人間の免疫をコントロールする細胞のうち、がん細胞に対する攻撃力の中心となるリンパ球や、リンパ球にがん細胞の特徴を知らせる樹状細胞を、患者さんの血液から取り出し、体の外で培養・活性化して機能を高めたり、数を増やしたうえで(1000倍程度)、再度、患者さんの体の中に戻す治療法です。抗がん剤のように短時間でがんを小さくする力はありませんが、副作用がほとんどなく、また、有効な場合には長期的な効果が期待できるという特徴があります。
免疫細胞療法は、現在の技術水準では、単独では大きなかたまりとなったがん細胞を死滅させる力までは持っていないといえます。それよりも、手術後に残ったがん細胞や放射線治療によって大幅に小さくなったがん細胞を掃討したり、抗がん剤でがん細胞を弱らせた後で、決定的なダメージを与えることが期待されています。既存の治療法と組み合わせることで最も力を発揮する治療法であるといえるでしょう。つまり、手術や放射線治療の後で再発予防のために免疫細胞療法を使うことで治療効果を期待できます。
逆に、作用の仕組みから考えて、手術や放射線治療が可能であるにもかかわらず、そうした治療を避けて免疫細胞療法だけで治ることを期待するのは推奨できません。また、Tリンパ球そのものががんとなる一部の白血病では治療を受けることができません。
免疫細胞療法には、利用する細胞の種類により数種類の治療法がありますが、以下に、2つの代表的な治療法について説明します。注意点として、すべての免疫細胞療法に関する研究開発・技術開発は日進月歩であり、どの治療法が最もよいとか、最新であるということはありません。それぞれ状態の異なる患者さんに対してどの治療法が適するかということが最も重要であり、治療法の決定にあたっては専門医師と相談することをお勧めします。

活性化自己リンパ球療法とは

現在、免疫細胞療法の中で最も広く行われている治療法です。がんに対する免疫に係る細胞は多くありますが、体の中で発生したがん細胞を攻撃するのは白血球の一種であるリンパ球、特にTリンパ球が中心的な役割を担っています。このTリンパ球を体の外で培養してパワーアップし、患者さんの体に戻すのが活性化自己リンパ球療法です。培養工程の工夫や資材・薬剤の選び方で、Tリンパ球をどれだけパワーアップできるかが決まり、そこに医療機関のノウハウがあります。
Tリンパ球の大部分はαβ(アルファベータ)型Tリンパ球が占めており、通常、活性化自己リンパ球療法という場合は、このαβ型Tリンパ球を培養・活性化するαβT細胞療法のことをいいます。それに対し、最近の研究により、わずかしか存在しないγδ(ガンマデルタ)型Tリンパ球が、αβ型とは異なる仕組みでがん細胞にダメージを与えること、さらに、いくつかの抗がん剤といっしょに治療に使うことでより高い効果が得られることがわかってきました。既に一部の医療機関で、γδT細胞療法として治療の提供が始まっています。リンパ球にはこのほかにNK細胞(ナチュラルキラー細胞、Natural Killer細胞)という細胞もあり、今後、がん治療の場に登場してくることが期待されています。
日本では、各細胞を利用した治療法について先進医療として認定され、多くの臨床研究が進行中です。また、諸外国でも、活性化自己リンパ球療法に関する臨床試験が複数進められています。
治療費は、先進医療認定施設の間においても、さらに専門クリニックの間においても各施設・クリニックによりさまざまですが、1コース*(1クール)6回の治療の目安は150万円〜190万円です。
なお、提示された免疫細胞療法の治療費に加え別途診察料や検査料が発生する場合もありますし、1コースの治療回数や治療期間が医療機関により異なる場合があります。従って、治療費については治療1回あたりの費用だけをみるのではなく、@初診を含め治療開始までにいくらかかるのか、A1コースの治療期間・治療回数・治療総費用はどうか、B合計何コースの治療が必要となる見通しかについて、治療開始に先立ち、受診する各医療機関に必ず確認することをお勧めします。
※注)1コースとは、治療期間とその期間中に行われる投与回数のことで治療の基本単位を意味します。1クールともいいます。治療が1コースだけで完結する場合もありますし、数コースの治療が推奨されることもあります。

治療施設

免疫細胞療法は次の医療機関で受けることができますが、すべて先進医療か自由診療による治療となります。
注)治療費は、各医療機関により異なりますので、それぞれの医療機関に相談してください。

トップ注目される治療方法治療効果の見方部位別がんの治療費抗がん剤の治療費緩和医療(緩和ケア)の治療費治療費の自己負担額治療の相談と決定
リンパ浮腫の予防と治療このサイトの使い方お役立ちリンク集運営者についてサイトマップ
2008 株式会社 医業経営研究所 All Rights Reserved.
このサイトの検索に伴い表示される計算結果、および抗がん剤の治療費部分については無断掲載を禁止します。
また免責事項については、このサイトの使い方をご覧ください。